妻子有り20代オタクの田舎暮らし

物科の松原寮の落語研究会の静岡人の濁川は連絡くれ

小人にとって結婚は必要である

f:id:sasatokyuA4:20170318061954j:plain

 

男性にとっての結婚は、メリットよりデメリットの方が多い
と言われているのを見かけます。
その通りかもしれないけど、僕自身は結婚して良かったと感じてるよ!
(今26歳:結婚4年目)

 

高校まで実家で大学はずっと学生寮にいて、
就職して2ヶ月だけ一人暮らしをしました。
マンガ・ゲームばかりで、会社も遅刻ぎりぎり。社会人としてヤバかったんです。
やりたいな、と思うことがあっても結局ダラダラする状態。
そんなとき、学生時代からつきあっていた現嫁と結婚して一緒に住み始めました。

 

結婚して自分の時間は減りました。学生時代毎日していた麻雀や飲み会ができない!
インドアな趣味をするする時間もあまりない。
嫁と一緒にやればいいじゃん、って言う人たち、
男性向けコンテンツをハァハァしながら楽しむところなんて誰にも見られたくないよ!!
嫁のワガママに苛つく時もある。
結婚するの早かったなーって思ったときもあった。

 

けど、結婚して初めて時間を有意義に使うことを意識し始めた。
時間の制約があるから、自分の満足する使い方ができるようになった。
そこが小人であるが故感じる良かったところです。

 

嫁も好きだしね。専業主婦で毎日美味しいご飯を作ってくれる。
愛情があるから、とかじゃなくて店より普通に上手い。
化粧じゃなくて、運動で見た目を良くしようと努力するところも好き。

 

でも最初から好きなわけじゃなかった。
多分、お互いそうだった。
僕は嫁の顔が好きで、嫁は俺の安定性を求めたんだと思う。
ていうか、リアル女性に恋したのは小学校まで!
NHK教育アニメの金髪のせいで、三次元にはときめかなくなったよ!!

だから最初は反発し合うことも多かった。

けど、結婚してだんだん好きになっていった。
3年も経つとお互いのことがわかってくるからかな。
ワガママもそのたびムっとしていたら、嫁は線引きを覚えるようになったし、
僕も嫁のワガママの理由がわかったら寄り添うようになった。

 

時間という制約がある以上、やりたいことを全てやることはできず、
トレードオフの関係なのは結婚してもしなくても一緒。
結婚すると自分の時間が減るので、
小人はいままでより満足のいく時間の使い方を模索する。
僕にとって、余計なことでしかない恋愛に時間や気力を割かず、
仕事や趣味に集中できるのは嬉しい。
社会的なメリットはいわずもがなあるしね。

 

結婚しない方が良いってのは全て文字面は正しいことを言っていると思う。
だけど自分の人生の文脈の中でそれがまだ正しいか考えてみることは
必要じゃないかな。