底辺からの世界思考

昆布県で製造業を営む

マジメ系クズに属する大学生が就活を成功させるためのTip

f:id:sasatokyuA4:20170320060734j:plain

こんばんわ!ささとです。

就活シーズンが始まりましたね。

言うまでも無いことですが、就活は大切です。
生活基盤を得るためにも、やりたいことをやる人生にするためにも。
教授の機嫌とか取ってる場合じゃない。そいつらは就活してないぞ。

 

まぁ、私は就活失敗した組です。
「俺は世界に影響を与える仕事をしたい!」なんて言いながら

情報収集も自己分析も何もしない、ダメ人間の見本のような思考をしていました。

目的もなくプライドだけ築いて生きてきたマジメ系クズにはよくあること。

そんな仕事あるわけねー、ってレベルじゃなくて
具体的な内容さえ描かず、ただ幸福感だけを夢想していたわけです。
自己管理もできない、ヒューマンスキルが低いことも相まって就活は悲惨だったよ!

 

でもなんとか周りの人のお陰で、メーカーで働かせてもらっています。
そんで今、

「入社した後、その環境でやれること、からやりたいことを考えても良い」

と思うようになりました。
今は、ソフトメインになってくる世の中でのモノづくり、に貢献したい。
あと俺自身は閉じオタだけど、二次元の文化を閉じさせちゃいけない、
今より広く展開させてもっと有効活用できるはずだと考えている。

エネルギーは沸いてくるようになった。これが充実感なのか。。。!

 

就活の段階からやりたいことが明確なのがNo1だけど、
まずは自分の興味に少しHitしそうな分野の中で、
可能な限り高みを目指して就活すれば良いと思う。
特にケツに火が付いてからしか頑張れないタイプは。

具体的には、
・業種と職種から興味にHitするところを見つける
・自分の適性を把握する
業種はメーカー、インフラ、IT、飲食etc、
職種は営業、経理、開発、システムとか
その2つのマトリクスで見れば考えやすい、はず。
適性は自分が何をやってきたかでわかる。

 

「そんなの当たり前」「夢を見つけるのは就職後じゃ遅い」って言われるかもだけど、
閉じオタにとってはそうじゃないの!少なくとも俺はそうだった。

「入社後人生決めるさ」って考えを持つことは、
閉じて何も踏み出さないよりよっぽどマシ。
目的さえ決まれば、情報が溢れている今の時代、何だって出来る。